サラーリマン(会社員)でも知っておきたい税制、年金、保険
〜 知らないと損をしているかもしれません 〜

 スポンサードリンク

このサイトは、
会社員(サラリーマン)のための税金の知識
会社員(サラリーマン)でもできる節税の知恵
会社員(サラリーマン)の年金、退職金
会社員(サラリーマン)の健康保険
などについて解説するサイトです。

会社員は、給料から自動的に徴収されるので、これらの制度について知識がなくても困ることはありません。
ただし、徴収は自動的であっても、還元される部分は自動でなく申請が必要だったりします。

例えば税金ですが、徴収は全ての会社員から自動で差し引かれますが、還付をうける場合には申告が必要です。
年末調整で全ての申告ができるわけではありません。
還付を受ける権利があっても、申告をしなければ税務署の方から教えてくれることはほとんどありません。

教えてくれないのは、税金の還付に限ったことではありません。
年金や保険でも同様の事が言えます。

病気やけがで長期間仕事ができなくなったとき給料が貰えなくてもお金を受け取れる制度を知っていますか?
高額な医療費を支払ったときに、申請すれば一定額以上は戻ってくる制度があることを知っていますか?
国任せではなく自分で運用して増やす事ができる年金制度を知っていますか?

税金や年金について知らなくてもいいと高を括っていると、知らない間にとても損をしているということもあり得るのです。
会社がなんでも親切に教えてくれるとは限りません。
会社員(サラリーマン)でも税金、年金、健康保険についての、基本的な制度は知っておくべきなのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加